BL(ボーイズラブ)

【優等生にセックスなんか教えるんじゃなかった(18禁版)】|ネタバレあらすじ感想

どうも。TL・BL漫画大好き、電子(デンコ)です。

今回は「優等生にセックスなんか教えるんじゃなかった【18禁版】」のネタバレ感想です。

 

この記事は東京crisp編集部のコクリがレビューしていきますよ!

 

教師の葛城誠一は、優等生・川崎の体を自分好みにするためにある計画を実行する。

しかし、次第に葛城の言うことを聞かなくなっていく快楽に溺れた川崎に、とある生徒を利用することを思いついて―……?

やっぱり【18禁版】はいいですね…!(意味深)
というわけで、「優等生にセックスなんか教えるんじゃなかった【18禁版】」です。どうぞっ♬

 

「優等生にセックスなんか教えるんじゃなかった【18禁版】」|ネタバレあらすじ

 

「俺は、優等生の川崎郁哉を犯したい。」

 

 

誰よりも自分好みで、さらに学校では孤立気味の生徒・川崎郁哉をどうにかして抱きたい教師の葛城誠一は、彼の体を自分好みに仕上げるためにある計画を実行することを決意します。

 

 

それは、孤立気味の川崎と長い時間をかけて信頼関係を築き、そのまま自分しかいない状況を作り上げてからセックスを教え込むというもの……。

 

 

そのために葛城は両親と上手くいっていない川崎のことを心配し、勉強を教え、そして何でも話せるような仲になっていきます。

しかしまだここで手を出すことはしません。
信用を勝ち取った後は徐々に親密度を上げていきます。

 

 

「川崎ってオナニーとかしてる?」

そんな質問を冗談交じりですることで、川崎が自分のことを性的に見るように仕掛けていくのです。

すると、彼の思惑通りに川崎は次第に葛城のことを熱の籠った目で見るようになっていくのでした。

 

 

そしてようやく手を出すことが出来るその日。
葛城は、職員室で川崎を押し倒します。

最初は嫌だと怯えていた川崎ですが、強烈な快楽と葛城がわざと見せる弱弱しさに抗うことができません。

そうなると、あとは勝手に川崎は抱かれたくなるだけなのです……。

 

 

それから一か月後。

葛城の策に嵌ってしまった川崎は、葛城のものをしゃぶるどころか挿れてほしいとねだる程になっていました。

 

 

「やっ、あっ……せんせっ」
「意外と変態なんだな、川崎……」
「ごめん……な、さっ……変態なの……嫌いですか?」

 

 

ビクビクと感じながら喘ぐ川崎に、葛城の中でめちゃくちゃにしたいという欲望がむくむくと膨れ上がります。

初めてだと言うのに前も後ろも攻め立て、川崎を何度も何度もイかせます。

 

 

「痛い……?大丈夫か……?」
「んっ♡ んあっ♡ だい、じょうぶです……先生の激しいの……っ、イキそ♡」

そうやって葛城好みに育った川崎。

しかし、そんなエッチな密会を続けていくうちに段々と葛城の言うことを聞かなくなっていってしまって……?

 

あらすじのネタバレはここまで。
「優等生にセックスなんか教えるんじゃなかった【18禁版】」のつづきを絵も込みで見たい方は、ぜひ購入してみてくださいね!

 

「優等生にセックスなんか教えるんじゃなかった【18禁版】」|ネタバレ感想

 

本作は絶賛配信中の「優等生にセックスなんか教えるんじゃなかった」を18禁版に修正したものなんですが。

18禁版というだけあってものすご~~くエッチでした!ww
男性のモノは白抜きじゃないので、非常に見応えがあります!!
なので、「男性器をちゃんと描いてあるBLが読みたいんだよなー」と思っている方には超超おすすめです!

それと、セックスシーンがすごく濃厚というか、もはや7割ぐらいセックスシーンなんじゃないかっていうぐらいで(笑)

 

 

1話では葛城と川崎二人だけの話なんですが、2話に入ってからはドクズな葛城の計画としてもう一人の生徒で、しかも川崎にうっすら恋をしている馬場くんが追加されるんですよね。

書き下ろしではそんな三人の3Pまで見ることができるので、ぜひ気になった方は読んでみてください!エロさは折り紙つきです!

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!



-BL(ボーイズラブ)
-

© 2021 東京クリスプ