BL(ボーイズラブ)

最新話【ララの結婚】13話|ネタバレ感想あらすじ

どうも。TL・BL漫画大好き、電子(デンコ)です。

今回は「ララの結婚」13話のネタバレ感想です。

 

この記事は東京crisp編集部の柚子がレビューしていきますよ!

ではでは13話です(๑>◡<๑)どうぞっ♬

 

「ララの結婚」13話|ネタバレあらすじ

 

ブルクティーン家に仕えるヤンは
夜風に当たってくる、と出て行ったきりのララが
帰ってこないことを心配していた。

 

 

*****

ヤン「きっとアリアナ様の事
お辛かったんだわ

私には見送ることしかできなかったけど

少しでも気分転換できたらいいけど・・・」

*****

 

 

するとヤンは・・・
ウルジとアリアナが結婚するという知らせを聞いた。

 

 

*****

ヤン「・・・あのウルジ様が・・・?
嘘よ・・・そんな訳・・・」

*****

 

 

そんなヤンの元にちょうどウルジがやってきた。
ララを知らないかと尋ねられ・・・?!

 

 

ヤン「・・・昨夜はアリアナ様とお話になられたと聞きましたが・・・」

ウルジ「え?何でお前がそれを知ってる」

 

 

ヤン「ララ様はその頃に出て行かれました
ウルジ様には何も言う資格はありません!

ララ様がどんな気持ちで受け入れられたかわかります?

たとえララ様がお戻りになられなくても
ウルジ様がアリアナ様を選んだら
私 許しませんから!!」

 

 

そのころ着々とウルジとアリアナの祝言の準備が進んでいた。

 

 

アリアナとの結婚に納得がいかないウルジは
父ブルクトの部屋へと向かったのです。

 

 

ウルジ「父さん!
一体何度同じ事を言えば解ってくれるのですか
オレはアリアナと結婚しないと・・・っ」

ブルクト「挨拶もなく不躾(ぶしつけ)な
そんな礼儀作法は教えた覚えがないぞ

そういえば嫁の姿を見かけないが?
若いとはいえケンカも大概にしておくように

私の説得で後妻が入るのを許した嫁だ
話せばわかる」

 

 

ウルジ「・・・どこまでも自分の思う通りに
物事を進めたがりますね

オレはララさえいればそれでいいんです
何度も言いましたが
オレは第二夫人は要らな・・・っ」

 

 

ブルクトは家系図を床に投げつけた。

 

 

ブルクト「拾え

ウルジ

アリアナと祝言を挙げ子を作れ

ブルクティーン家を頼む」

ブルクトはウルジに頭を下げたのです。

 

 

まもなく祝言が始まろうとした頃
1人部屋に籠もるウルジの元に鷹が足に伝書を巻きつけてやってきた。

 

 

『マカム村無 或ミンシン』
と書かれた伝書を見たウルジは
もうラムダンはここへ戻ってくることはないだろうと思っていたそのとき・・・

 

 

女中の叫び声が聞こえてきたのです。

 

 

「早く降りてきてください!ララ様・・・!」

 

 

ウルジ「何だと!?」

部屋の窓からラムダンが入ってきたのです。

 

 

「ララの結婚」13話|ネタバレ感想

 

ブルクトはなんとしてもアリアナと結婚させたいんですね・・・。
息子の気持ちは関係ないのか!許せん。

 

 

最後にラムダン(にそっくりな人)がやってきましたが彼女は一体・・・?!

 

 

そしてラムダンはミンミンに居るはずでは…????
続きが気になる展開にドキドキです!!

 

 

「ララの結婚」|最新話までのネタバレ感想あらすじ、あります!

「ララの結婚」15話|ネタバレ感想あらすじもありますので、あわせて読んでくださるとうれしいです♪

「ララの結婚」14話|ネタバレ感想あらすじもありますので、あわせて読んでくださるとうれしいです♪

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!



-BL(ボーイズラブ)
-, , ,

© 2021 東京クリスプ