BL(ボーイズラブ)

なかなかえっちなBLでした…【歌舞伎町バッドトリップ】|ネタバレあらすじ感想

どうも。TL・BL漫画大好き、電子(デンコ)です。

今回は「歌舞伎町バッドトリップ」のネタバレ感想です。

 

この記事は東京crisp編集部の電子がレビューしていきますよ!

ではでは(๑>◡<๑)どうぞっ♬

 

「歌舞伎町バッドトリップ」|ネタバレあらすじ

 

ホスト・美山徹には2つの秘密がありました(*⁰▿⁰*)
1つは、相手の目を見ると心が読める能力を持っていること。
この能力のおかげでお客さんの女のコが何をして欲しいのか分かる徹は、ルックスも悪くなく、あっという間にNo. 1ホストに!٩( ᐛ )و

そしてもうひとつの秘密は…陽川泉輝の熱狂的ファンである事!!それはもうオタクの域に達するほどにww
ちなみにホスト時の源氏名もみずき( ̄▽ ̄)

ある日、徹は泉輝が表紙の雑誌を買う為コンビニに入り、そこで偶然にも陽川泉輝と遭遇します∑(゚Д゚)
どうやら足がなくてタクシーもこの辺りは止まらず困ってる様子。
どうにかお近づきに…ひと時の思い出でもいいから…そう思った徹は思い切って泉輝に声をかけ、目的地のスタジオまで泉輝を乗せて行く事に!
ストーカーと思われたくなくて泉輝の事は芸能人である事すら知らないフリをした徹。
夢のような時間はあっという間。
『これから知ってもらえばいい』と意味深な発言に、今日だけじゃなく今後も?もしや友達になれる?いや、からかわれた?戸惑う徹(*´Д`*)
焦りすぎていて心をよむヒマも無かったのです。
結局連絡してしまい、2人は食事に行く事になりました!

食事の席で徹は興奮気味に泉輝の良さを語りますが、オタク特有の早口と情報量にファンなのがバレそうww
しかし…泉輝の心を読んだ徹は驚きます!
“可愛い”や“仲良くなりたい”まではまだ良かったのですが…

“キスしたい” “縛りたい” “首輪をかけて…”
“お尻を叩いて” “乳首にピアスとかいいかも”
“どんな風に泣かせよう”

泉輝はゲイでしかもドSでした…d( ̄  ̄)
心を読みながら同時に飛び込んできたSM映像があまりに生々しく驚愕でしたが、それを思いながら泉輝は優しい笑顔を見せていて。
痛いのや過激なのが苦手な徹は具合が悪くなったのですが、それをとても心配し、その後のラインも優しく礼儀正しくて可愛くて。
性癖はあっても…徹にとって天使なのに変わりはありません(´∀`)
いつか、普通のSEXを…と徹もいつしか泉輝を性の対象に見るようになっていました(〃ω〃)

撮影後に会いたいと誘われ、スタジオに行った徹はスタッフからスタイルやイメージを気に入られ、急遽泉輝との撮影♬
写真を撮られながら、カメラの死角で泉輝に手を繋がれて『美山さん、俺のこと好きでしょ?』と囁かれ真っ赤になる徹……!(*´꒳`*)
そしてその後の打ち上げ中『2人で抜けて自宅に』と誘われ徹は泉輝の家へ…。
隠していた泉輝ファンなことを打ち明け、酒の勢いも手伝って長いファン歴や『大好き』とも言ってしまいます(*^^*)
泉輝も『徹さんが好きです』と言って…ソファで濃密なキスを交わす2人♡
ハッと気がつくと、徹の手首は縛られていて、泉輝の瞳が光ります…!

上から押さえつけ、何度も舌を出し入れし唾液を交わし合う長いキス♡

『んっ…!う…!ふっ…う、…っ』

優しくて細やかな気遣いが出来る完璧な泉輝とは対照的。
荒くて、衝動的で、過激…!!
痛いことや辛いことをされるのかと考えたのに。
『…ごめんなさい、怖がらせて。
もう、我慢できなくて…痛くないようにする。
けど、嫌ならやめるから…続けてもいいですか?』
泉輝からの優しい言葉。
その目を見た徹が感じた心の中は…
“今すぐ手に入れて、全て支配したい”

泉輝の唇が徹の乳首を弄り舐め回します。
甘噛みされてピリッとした痛みに反応する徹。

目が合う度に感じる。
泉輝さんが今どうしたいか。
その目が、見えないロープで拘束されているような錯覚に堕ちて…。

でも現実の泉輝は優しくて、痛いことはしません。
痛くないようローションを使う泉輝。
ゆっくり穴をほぐし…ぐちょぐちょと音が響きます。
徹の息は上がり、目はトロンとして…。

『あっ、あっ…!…っん、泉輝さん、俺はもう、大丈夫だから…荒くしても、大丈夫…もう、挿れて…』

泉輝のモノが徹の中に入ります。
びくんっと大きく震える徹…!
『あ、はぁ…うんっ…!はっ…あ…!!!』
ぷるぷると震え、徹は達します。

目が覚めるとベッドでした。
身体中に残る赤い跡♡
ベッドで笑いながらくすぐったい気分で過ごす2人(*´꒳`*)
気恥ずかしい笑顔を見せます♡

仕事しながら『思ったより怖い事はなかったから、泉輝さんが気を遣ってくれたんだろなぁ』と考える徹です(*´ー`*)

そんな中、歌舞伎町にSMクラブがあると同僚ホストの客から聞いた徹は紹介してもらう事に!
泉輝を満足させられるようになりたい徹。
SMクラブに入りながら、泉輝もこういう所に来て発散してるのかも…と想像すると、自分以外の人としている泉輝を見たくないと感じ、ますます自分が立派なマゾヒストになろうと決意を固めます!ᕦ(ò_óˇ)

すると、なんとクラブのカウンターに泉輝の姿が…!∑(゚Д゚)

一昨日、ピロートークしたばかりなのに…やっぱり俺じゃ満足出来なかったから?俺がMじゃないから?だから俺じゃない人とヤるんだ…

ショックを受ける徹をよそに、紹介してくれた女性と泉輝は話が弾み、その中で『2人とも名前が“みずき”ね!こっちは源氏名だけどw』と言われ、ホストであることがバレてしまいます(>人<;)

泉輝は柔らかく笑いながら心はイライラしており、徹は焦りますΣ(゚д゚lll)
そして泉輝は徹を部屋へと誘い…!

そこで泉輝が話した事は徹が考えていた事とは全く違いました(^^)
仕事を隠してたことに怒ってはおらず…泉輝は初めこそ支配したいと思ったものの、純粋に徹に惹かれ、離したくないと思うようになったのです(*´꒳`*)
自分の性癖を抑えつけてでも。
自分の欲望全てを満たす行為でなくても。
普通でもいいから、苦しめたくないし手放したくないし大事にしたい。
もし好奇心の試し程度でこのクラブに来たのなら、帰った方がいい……始めたら、タガが外れて取り返しがつかなくなって、結果傷つけるかもしれない。

徹は泉輝の想いを聞き、嬉しく思います(*^ω^*)
そして誰にも言わなかった“心が読める能力”の事を打ち明けるのです…!
その能力で、最初から泉輝の性癖も、自分とどんな事がしたいかも知っていたこと。
臆病だからその癖に付き合えないと思っていたけど泉輝が強要せずに最後まで配慮してくれたのが嬉しくて、自分ももっと泉輝を喜ばせたくて本格的にマゾヒストになろうとした事。

俯き考えながら、それでもゾクゾクしている様子の泉輝(//∇//)
“1時間だけ”してみることにします…!

目隠しをされ、両腕を後ろ手に縛られた徹。
泉輝の表情は先日の時とは打って変わって冷たく口調も命令形になります。

目隠しをされると心が読めない。
それは予想以上に不安でした(*´Д`*)
泉輝は徹の顎を持ち上げそっと囁きます。

『しゃべったら、もうしない。
やるって言いださなかったら普通で済んだはずなのに…もう取り返しがつかないね。
…キスしてほしいの?』

薄く唇を開ける徹に、息がかかるまで近づいて、止める泉輝。

『タダでしてやるわけないだろ?1時間我慢したらご褒美にしてやるよ。
…それから、ご褒美を貰った瞬間から、もう普通には戻れないと思って下さいね。
じゃ、1時間後に』

離れて行く気配と、扉の音。
徹は泉輝が出て行ったと思います(*´ー`*)
横になり1時間しゃべらずにひたすら待つ徹。
泉輝の幻が見えます。
そしてさっき言われた言葉が次々に…指で胸元をなぞられたり、耳を舐められたり、焦らされる幻覚と一緒になって脳に響くような感覚です♡
徹は興奮してハァハァと息を荒くし…下半身も反応して太く硬くなっていました♡

実はその時、泉輝は部屋にいたのです(●´ω`●)
1時間、徹を見守っていました♡

『泉輝さん…。たぶんここにはいない…だろうけど、もし聞いてるなら俺はもっと我慢できるから。終わったら必ず、キスしてくれないとダメですよ?』

その言葉に堪らず駆け寄ろうとした丁度その時、泉輝が設定していた1時間のタイマーが鳴り…泉輝は徹のアイマスクを取り抱きしめます(´∀`*)

『よく我慢した。本当にありがとう。』

キスを交わす2人。
泉輝の顔は…深い安堵でした(o^^o)

その後、泉輝はまだ何も分からない徹に決して無理はせず少しづつSMを教えていきます(^.^)
でも“あの1時間”は、徹にとって忘れられない程の快感でした♡♡

ホストの仕事については徹を好きになる人がいる事はいい気はしない、というのが泉輝の本心でしたが強制的に束縛はしません。
『その代わりお願いがある』と言われ…徹はチョーカーをもらい、つけるように言われます。
スーツにチョーカーはミスマッチですが肌身離さず付けている徹。
そして密かにホストを辞める事を決めました(*´꒳`*)

ある日の仕事中、芸能人の集団が来店して、そこになんと泉輝が!
ついトイレにこもる徹と、そこに来る泉輝。
働いてる所は見せたくなかった徹は落ち込み気味です(*´ー`*)
対して泉輝は本当に肌身離さずチョーカーをつけてくれている事が嬉しい様子♡

その後、とにかく仕事として女性タレント・さやの相手をする徹( ・∇・)
目の前の席には泉輝が座っており『気にしない』と言った割に監視&独占欲ww
王様ゲームでさやとポッキーゲームをする事になってしまい、さやから断らせる為に徹は“自分に本当のご主人様がいる事”を皆の前で公言します(*⁰▿⁰*)
(もちろん相手が泉輝とは言ってないけどw)

さて、仕事が終わって朝方の歌舞伎町。
泉輝は徹を待っていました(^^)
皆の前で相手がいるからと言ってくれた事が嬉しくて、その場でキスしそうになったと笑う泉輝♡
徹はずっと泉輝の側にいる事、ホストを辞める事、何でも言う事を聞く事を伝えます。

『だから、俺がもし逃げそうになったら引き留めて下さい』

泉輝は思わず顔を赤らめます。
『絶対離しません』

抱き合う2人(*´꒳`*)
体を寄せ合ったまま、他愛もない話をして…見つめ合い、キス♡
求め合う気持ちが昂って…2人は家に行き激しく身体を貪ります(//∇//)
ぐちゅぐちゅと部屋には水音が響き、興奮した体をぶつけ合って…徹は何度も達します♡

『ふっ…!ん!あぁ♡はっ…あ…!はぁっ!』

徹は泉輝の心を読み、その願望を知ります!
それはまだまだ徹にとってはハードルが高いのですが、泉輝とならやってみたい、されてみたい、苛められたい…と思う徹です(〃ω〃)
下から泉輝を見上げながら、また身体がビクビクと震えるのを感じ、締め付けながら達して、泉輝も徹の中に射し切ります…!!

『ごめん、優しくするつもりが乱暴になっちゃった』

徹はもっと苛められるのかと思っていたので逆にびっくり☆
調教したのか勝手にされたのか?
ともかく本格的にマゾに目覚めたようですww

そろそろホストを辞める日が近づき、お客さんにも伝えている徹。
最近、徹指名の男性客が激増していました(*'ω'*)
今日の客・野田もその1人。
オタク的な見た目でSM話が好きな野田。
話してるうちに何故か急ピッチで酔いが回る徹…!
顔も赤くなり、フラつきが出てきて、一旦トイレに立ちます。
野田は意味深にその姿を見送るのです…!

その頃、泉輝はこっそり徹の勤める店に来ていました☆
ホスト仲間に、徹が最近女性はもちろん、男性客からも絶大な人気だと話を聞き気になってしまいますw
聞かなきゃよかったと後悔した時…フラフラでトイレに入る徹と、その後ろをコソコソと追う野田を見つけます!
トイレの中では徹が泉輝の事を考えながらどことなくエッチな気分に…♡
すると入ってきた野田に突然口をテープで塞がれ手錠をかけられて大ピンチ!!∑(゚Д゚)

野田はおかしくなってる目で『一度だけでもみずきくんとエッチなことがしたい』迫りますが徹が読んだ野田の心の中は“犯したい”という腐った願望…!!

その時!後ろから野田を引きずり倒し、殴り飛ばした泉輝(๑˃̵ᴗ˂̵)
カッコいいのですが、ブチ切れすぎてて目が怖((;゚Д゚)))
本当に殺してしまうかもしれないところでしたが、以前から野田を怪しいと睨んでいたホスト仲間達が止めに入り、何とか事なきを得ました(´∀`*)

その日、以前心を読んだ時の“1人でしてるのを見たい”という泉輝の願望のひとつを叶えてあげた徹♡
今日は安静に、と心配する泉輝の前でとてつもなくエッチに煽ります…!
堪らずまた求めてしまう泉輝♡
SMの度合いも高まって、言葉で攻められお尻を叩かれ、イクのを我慢しなきゃダメで…それでも徹は泉輝に涙目で『好き』と囁き、熱いキスを交わします♡
荒い息遣い、舌が絡み合って、唾液がツウっと糸を引きます。
…まだ、これから。

朝になり目が覚めると、ベッドで抱き合う2人♡
一緒に寝て一緒に朝日を浴びるのが嬉しい徹(๑˃̵ᴗ˂̵)

ホストは辞めたので高収入から一転無職の徹…。
どうしようかとしゅんとしていると、耳元で囁きが☆
『じゃあ、ここで一緒に住みますか?
毎朝こうやってゴロゴロできるし、一日中立ち上がれないようにしてあげられますよ♡』

『よろしくお願いします』と答える徹でした(๑>◡<๑)    

「歌舞伎町バッドトリップ」|ネタバレ感想

 

如何でしたかー?(^^)

“心を読める”という設定が面白くてその後のどのシーンにも絡みがあって良かったなーと思います!!(´∀`*)

私は壊したいのを我慢しながら優しくする泉輝が好きでしたねww
無邪気に笑う時、ドSな時、独占欲に支配されてキレてる時…など、表情豊かな泉輝がハマります♡♡

痛いの苦手な徹くんはすっかりMに目覚めてしまって…(*´꒳`*)
でも泉輝としかしたくない、ていうのはピュアラブでいいかなと╰(*´︶`*)╯

今後も2人には仲良くラブラブでいてほしいなー♡♡

以上、歌舞伎町バッドトリップのあらすじと感想でした♬

 

 

というわけで今回はここまで。
次回もお楽しみに!



-BL(ボーイズラブ)
-

© 2021 東京クリスプ